記憶力が低下する原因

怪我によるパフォーマンス低下

怪我をしてそれが直接全身のボディーパフォーマンスの低下につながる確かなメカニズムは個人差があり一概にこれということは決め付けられないが、ある程度の関連性は明らかである。怪我をすると痛みや不快感、違和感により体の不調が続き、筋肉の怪我においてはそこを庇うように生活するため、疲れが溜まるようになってしまう。次第に脳が疲労の蓄積と思うように体が動かない状態を自覚し始める。この状態が継続すると、全身倦怠感やひどくなると睡眠障害、食欲不振、体重の減少、集中力の欠如、安静時の心拍数や血圧の上昇など身体的疲労の症状が見られる。最終的には気持ちが落ち込んで活気が失われ、メンタルへのダメージ(精神的疲労)にまで進行することがある。肉体的・精神的ストレスの蓄積により、視床下部や脳下垂体から分泌されるホルモンのバランスが崩れてしまうこと、また十分な安静状態になれず自律神経のバランスが取れないことがパフォーマンス低下に関係していると言われている。
どこを怪我するかによってパフォーマンス低下に差が出てしまうのかに関しては明確には言えない。しかし、上記のメカニズムの発端は筋肉の損傷によりエネルギー代謝が悪化することに発端するため、皮膚表面の擦り傷よりも、筋肉障害的の怪我の方がこのような傾向は強く出るのかもしれない。

受験期間中は怪我をしないように細心の注意を払ってほしい。

>お問い合わせについて

お問い合わせについて

オンライン予備校の帝医オンライン予備校では、オクッスフォード大学から合格を頂いた帝医(e)ラーニングを実施しています。Zoomとは違う形式です。オンラインレッスンがさらにレベルアップしました。

午後6時以降は授業となりますので、お電話でのお問い合わせは出来れば午後9時から午後6時迄でお願いいたします。TEL:050-7103-8447(ヒロ塾長受付センター)

CTR IMG