経営コンサルタントの定義

経営コンサルタントの定義

経営コンサルタントとは、企業などの経営に対してコンサルティングを行う職業のことである。コンサルティングとは個人や組織からの依頼をもとに、抱えている諸問題について、得意とする分野の専門知識や経験、情報、ノウハウなどを使って解決を手助けすることである。代行するのとは異なることに注意が必要である。解決するのは依頼主で、コンサルタントはその手伝いをするというイメージである。様々な業種に専門知識を持ったコンサルタントが存在する。
経営コンサルタントが頻繁に扱う個人や企業の問題として、戦略策定や新規事業立案、M&A戦略などが挙げられる。必須資格や経験年数、年齢といった細かな制限がないため職につくことは容易であるが、扱う範囲が広く専門知識や経験値が必須になるため、高い能力が求められる。MBAを取得していることや公認会計士の資格を持っていることが多く、その分野の専門知識が必要である。また、近年では海外進出などグローバル化の傾向が強く、英語を使う機会が多くなる問題も多いためTOEIC 800点以上の英語力は必須になってくるとされている。依頼を受けてそれに応えるには十分な能力や知識を伴い経験値による安定感と信頼感が重視される難しい職種である。

関連記事一覧