社会人の方からの質問

昨日、社会人からのお問い合わせで私の会社について質問がありました。

いろいろな会社を経営しているようですがどうしてですか?という内容でした。

私は海外の一流大学の教材にユニークなビジネスモデルのケースとして掲載されたいので様々な会社を立ち上げています。松下幸之助さんは会社を3000社以上立ち上げています。

例えば一人の社長が、一生、ひとつの会社を経営して何十年間黒字だったとしても世界の一流大学の教材に掲載されることはないでしょうけれど例えば300社を経営し、全社10年間以上黒字だったとしたら話題になる可能性はありますよね?

だからと言って原時点で私が300社会社を立ち上げたいと言っているわけでもありませんがビジネスは一人でするものでもありません。

自分が自由に生きるためそして自分が大切にしたいと思う仲間と素敵なお客様に囲まれたビジネスを安定的に継続するために革新的な形態は必要だと考えています。

決算が多ければ、その数だけ数字の確認をします。それだけで反省するべき点も理解できます。

たくさんのことを成し遂げたいのであれば、細分化して自分が理解しやすい形態にすれば良いと思います。性格的な問題もありますが、偉大な経営者がなぜいくつも会社を立ち上げるのかを理解すれば、自然に自分のするべき行動が見えてくると思います。

例えば社会人の場合、収入を増やしたいのか? 転職したいのか? 会社を経営したいのかで選択するべきことはちがいます。

会社員として、転職が有利なのは35歳までです。それ以降に収入を増やす簡単な方法は起業しかなくなります。グローバル企業の出世コースに就職するには世界一流大学の学歴が必要になるでしょう。

確実な出世コースには、お金も時間も必要です。しかし、それが難しいのであれば、成功する起業方法を学習した方が手っ取り早く収入を増やせます。大学に再入学するだけが、楽しい人生の始まりではありません。帝医オンライン予備校では、博先生が参謀役としてビジネスを学ぶこともできます。オンラインサロン形式の場合は月額3万円。

人生に迷った時は、レポート提出形式(月額7,000円・古本付)でビジネスを学ぶ講座もございます。

なんにせよ、時間には限りがありますから、最短で最高の結果を出してください。

応援しております。

帝医オンライン予備校3
帝医オンライン予備校3

関連記事