数学について

数学について

理系受験において数学は最も重要な科目である。範囲が広く応用問題も無数に作れてしまうため、十分に理解していないと対処できない。どこかの範囲でつまずいてしまうと苦手意識がつきやすく、一度苦手だと感じてしまうと嫌いな科目として苦しめられてしまう。
学校の授業についていけない上に、授業のスピードが早いのであっという間に置いていかれてしまった。また、理解はしているはずなのに問題が解けない。このような経験をしている人は少なくないだろう。このように数学が苦手な人の特徴として、基礎を全く理解できていないタイプと応用力が身についていないタイプがいる。どちらのタイプも共通して数学が得意な人と比べて、圧倒的に触れてきた問題の数が少ない。数学は暗記ではないという人もいるが、受験では問題を解かなくてはならないため、ある程度の解き方の引き出しは作っておく必要がある。基礎固め重視で指導していくのか、演習を中心に進めていくのか、どちらも重要になってくるが生徒一人ひとりの状態を見て指導方法を変えていくことが重要である。当塾では、難関理系受験を経験してきた講師による個別指導で、基礎から応用まで生徒それぞれに合った方法で指導していくことが可能である。

関連記事一覧