北辰テストについて

北辰テストについて

埼玉県の高校入試をする中学生はほとんどの人が受験する全県模試です。母数が多いため、埼玉県内で自分がどの位置の成績なのかを知るのに信頼度の高い試験です。北辰テストの結果で私立高校の確約(口頭での合格の約束)が取れるため、利用する受験生が毎年多い特徴があります。
多くの私立高校での確約に必要となるのは3年次7月以降となるので、その時期から受験生の数が大幅に増加します。北辰テスト自体は1年次からあり、試験慣れのためにも早くから受験し始めることをお勧めします。公立、私立両方の志望校判定ができるので、どちらの場合でも志望校決定に役立ちます。
試験は国語・数学・英語(リスニングあり)・理科・社会の5教科で、公立高校入試の問題形式と似ています。出題範囲は学校の授業進度に概ね沿っています。各中学校で行われる定期テストに比べると難易度は高いです。北辰テストを運営している北辰図書から過去問集などが販売されているので対策に役立てることもできますが、まずは学校の定期テストに向けた学習を十分に行うことが重要です。教科書範囲を逸脱することはないので授業をしっかりと理解していれば、ある程度対応できると思います。高得点を安定して取るには、教科書の脚注の部分(学校の授業では扱いきれない)まで読み込むことが大切です。

関連記事一覧