コンサルタントに必要なコミュニケーションスキル

コンサルタントに必要なコミュニケーションスキル

コンサルティングとは個人や組織からの依頼をもとに、抱えている諸問題について、得意とする分野の専門知識や経験、情報、ノウハウなどを使って解決を手助けすることである。代行するのとは異なることに注意が必要である。解決するのは依頼主で、コンサルタントはその手伝いをする。様々な業種に専門知識を持ったコンサルタントが存在する。
コンサルタントに求められるスキルの中で最も重要なのがコミュニケーションである。しかし、ただ話が上手いだけではコンサルタントは務まらない。顧客との会話の中から相手の意見・主張・要望などを正確に理解できることが重要になると考えられる。初対面の人と臆することなく会話ができることも大切ではあるが、依頼主の要望を理解できないのはコンサルタントとして致命的である。会話から汲み取った問題点をもとに解決策を整理してまとめ、それを正確にかつ単純に伝える能力も必要になる。専門用語の羅列では相手を納得させるどころか混乱させてしまうため、わかりやすく専門用語を言い換えることが出来る語彙力も兼ね備える必要がある。

関連記事一覧