エビングハウスの忘却曲線について

エビングハウスの忘却曲線について

人間の脳は一度学習したことを20分後には42%、1時間後には56%、1日後には74%、1週間後には77%、1ヶ月後には79%忘却するとされている。もちろん個人差はあるものの、誰もが経験したことがあるように「時間が経てば経つほど忘れていく」というのは明白である。
忘れるまでの時間(Time remembered; days)と記憶(Memory)の関係を表した図を「エビングハウスの忘却曲線」といい、この忘却曲線はドイツの心理学者のヘルマン・エビングハウスが提唱した。横軸に経過時間、縦軸に学習した記憶の割合を表している。エビングハウスは記憶に関する実験として「子音・母音・子音」から成り立つ無意味な文字列(kot, pak, tas, …など)を記憶し、その再生率を経過時間ごとに調べ、この曲線を導いたとされる。実験結果として上述した通りの忘れていく割合を見出した。また、興味あるものであればあるほど記憶しやすいこと、学習に時間をかければ書けるほど吸収できる情報も増えること、一度に多くを学ぶよりも何度かに分けた方が記憶効率上昇につながることなどが実験から分かったこととして挙げられる。
どのようにすれば長く記憶することができるのか。たった一度だけ学習した後の記憶は忘却曲線に沿って簡単に即座に忘れていく。しかし、何度も繰り返して学習した場合は、忘却曲線を緩やかにすることが可能である。具体的には、勉強したものを復習する間隔は、1週間後に1回目、2週間後に2回目、4週間後に3回目というサイクルが一番良いと立証されている。完全に忘却する前に繰り返し復習することで記憶を定着させることが容易になる。復習の時間は人それぞれではあるがアウトプットすることによって長期記憶が可能になる。

関連記事一覧