Concept

東大攻略II

文科三類 東大日本史 オーソドックスな形式 用語を暗記するだけの勉強では不十分 設問文をしっかりと読み、その要求をつかむ 20年以上前の問題でも要求されていることに大きな変化はない 模試問題集について  上記のように過去問を閲覧する他に、当然問題演習も必要になってくる。各予備校から出ている模試問題集がその素材の第一候補になるだろう。 模試問題集の利点 1.採点基準がついているので、自習に向く。 2.当時の平均点などが分かる。 模試問題集の欠点 1.採点基準は本番の採点基準と異なる可能性が高い。 2.本番と傾向の異なる問題が散見される。 このように良い点も悪い点もあるが、やはり東大模試で実際に使われた問題なだけあって、おおむね良い問題がそろっていると考えてよいだろう。問題を解き、原稿用紙に書いてみる作業は、過去問より模試問題集でおこなうことを勧める。   各模試問題集の特徴(もちろん、各模試の特徴にも通じる。)   河合塾(東大即応オープン):もっとも本番に近い印象。平均点が3つの中で最も高い傾向がある。 駿台(東大実践模試):やや知識重視でリード文が参考にならない問題が多い。 代ゼミ(東大プレ):知識面、推論面の両方でレベルが高く、点は取りづらい。  その他、演習問題としてはZ会の通信講座が考えられる。2学期からは月2回、計12セットの東大形式の問題が手に入るので、できれば入手しておきたい  また、模試問題集を解くもう一つの利点として的中の可能性があげられる。出題の“ネタ”はある程度限られており、予備校側も東大の教官の研究分野までを調査した上で出題予想をおこなっているため、東大日本史ではこうした的中が起こりやすいようだ。私も本番で「何かどの問題もどこかで見たことあるような気がする…」と感じ、後に今までやった問題を見返してみると、模試問題集からの的中が多いと分かった。何度か同じテーマが出題されてはいるが、過去問からの焼き直しがおこなわれる可能性はあまり高くないので、的中狙いで過去問を何度も見返すのは賢い方法とは言えない。 東大日本史は独学では厳しい
舞い上がる水

Service

早稲田・慶應義塾大学コース
6年間で400万円の節約が可能
中学1年生から入塾なら、高校3年生までお月謝28,000円です。

東大・医学部コース
小学生からの入塾から、都内の名門高校と同じペースで学習できます。
高校3年生まで、お月謝一律28,000円。

文科一類 地理 東大模試過去問  是非やっていただきたい。特に高校が進学校の場合は先輩の寄付した昔のものもあるはずなので、そちらを含めて大いに活用すると良いだろう。私も書店に並ぶ三大予備校の今年度板のほかに4、5冊こなしたのだが、特に重要そうなところは返却する前にコピーするなどして手元に置いていつでも復習できるようにしていた。

医学部志願理由書にも対応

“Watch your thoughts, for they become words. Watch your words, for they become actions. Watch your actions, for they become habits. Watch your habits, for they become character. Watch your character, for it becomes your destiny.”
 

説明する生徒

京都大学合格者大絶賛の教材プレゼント!

京都大学合格者大絶賛の「偏差値20アップの英文法」および「偏差値20アップの英単語」を新規生全員にプレゼント中!
中学受験コースの方にはAmazonで好評発売中の「天才小学生になる英会話」をプレゼントいたします。

旧帝医学部受験学院廊下

学歴は一生の財産です!

もし、勉強が苦手なのだとしたら、あなたが勉強に対して努力をはじめるのが他の人より遅かったのかもしれません。もしくは間違った方法で勉強してきたのかもしれません。 

紅茶カウンセリング

医師と患者

Results

 国公立&私立医学部多数合格

京大模試過去問

 京大地理は、基礎知識の単答問題や短い論述問題が多く東大形式とはあまり似ていないように見えるのだが、意外と東大地理にも役に立つ考え方や論述ネタが満載である。そのため、時間のある人には是非目を通していただきたい。私も例によって昔のものまで読んでみたのだが、どれもとても良い問題が多かった。やはり、論述の文字数の少ないあたりが、基本的な知識を簡潔に出力する良い訓練になるのだろう。また、京大地理は大問4問から構成されているのだが、そのうち1問はかならず地形図を用いた問題が出題される。それも今となっては東大受験生は無視できない点であろう。
 
一橋大模試過去問
 はっきり言って東大地理の対策としてはあまりお勧めできない。というのも、一橋地理は長い論述問題がメインであるため、東大地理の要求する「簡潔な記述」の練習には向いていない問題が多いからである。とはいえ、やることのなくなった人には読み物としては悪くはないだろう。
 
地図帳と統計集
 これらを使わずに地理の勉強をするのは、辞書を使わずに英語の勉強をするようなものである。私は地図帳は二宮書店のものを使い、統計集は「データブックオブザワールド」(二宮書店)を使ったが、まぁ特に地図帳に関していえば、どこの出版社のものを使っても大差はないだろう。なお、これらの本に限ったことではないが、読みながら様々な書き込みをしておくとよい。

科目別対策

物理 理科三類

名問の森 物理 河合出版
「力学・波動編」と「電磁気・熱・原子編」の2冊の分かれている。
 この問題集はやや難しいレベルの問題集を集めてある。おそらく多くの国公立大学や難関私立大学はこのレベルで十分対応できるだろう。東大の二次試験に挑むにしても、この本でもう一歩というところまでいくことができるはずだ。いいレベルの問題が揃っているというだけではなく、この本は解説がしっかりしているというところが素晴らしい。難しい現象でも分かりやすいモデル化をしてくれていたりして、受験生の理解の大きな手助けとなってくれるだろう。
 
化学 理科三類
東大化学の特徴
 1.目新しさ
 東大では、どの受験生も見たことのないような題材から出題されることがしばしばある。近年では、2008年と2009年の第3問Ⅱが目を引く。2008年は「ステロイド骨格」、2009年は「ニューマン投影式」といった通常の受験生なら知らない内容を扱っていた。これらは有機化学の分野だが、他に理論・無機化学の分野でも、見慣れない実験の説明を読み、そこから答えを導き出させる問いが、よく出題される。
 
 2.説明文の長さ
 これは「1.目新しさ」に起因するものでもあるが、受験生が知らない内容を文章で理解させるために、問題文の前に非常に長い説明文が使われることが多い。2006年と2007年の第一問では、昔の研究社の論文の一部が使われ、説明文見開き1ページ強、という長さであった。これ以外にも、実験の手順や結果を説明するために、長く、かつじっくり読まなければ理解できない文章が載る。
 
3.計算量の多さ
 これは主に第一問、第二問で顕著である。執筆陣が受けた2009年入試では、第一問でⅠ・Ⅱ共に大量の計算をこなす必要があり、第二問のⅠでも計算は多かった。これゆえに、執筆陣を含め、この年の化学を全て解ききれたという話はあまり聞かない。
 
制限時間に対する問題の多さ
「標準」レベルの問題が「素早く」解けるようになればいい
 
英語 理科三類
 
東大英語の構成
 ここで東大英語の出題パターンを説明しておこう。ここ数年のパターンとしては、1Aで英文の要約問題、1Bで段落整序や英文の挿入問題、2Aと2Bで英作文の問題1題ずつ、3でリスニング問題(放送時間は30分)、4Aで整序英作や誤文訂正などの文法問題、4Bで英文和訳問題、5で長文読解による総合問題となっている。しばらくこの大枠は変わらないものと考えられる。
 ただし、年によって英作文の形式などで多少の変化は見られるし、実は最新の問題となる2009年の入試問題において、東大の英語は大きな変化を見せた。2の英作文のうち片方が文法・語彙問題となったこと、しばらくの間ずっと大問まるまるディクテーションであることはなかった3のリスニング問題で、大問一つ、すべてディクテーションという問題が登場したのである。2010年以降もこの形式が続いていくのかもしれないし、2010年はまた2008年までの形式に戻るかもしれない。また。さらなる新しい形式へと変化するのかもしれない。
 2010年の問題を見るまで正確なことはわからないというのが現状だが、例年の形式で出題されると想定して対策をすることは決して無駄ではない。むしろかなりのアドバンテージとなるだろう。
 というのは、第一にこのだいたいの出題パターンは来年になっても変わらない可能性が極めて高いし、第二にこのように満遍なく出題パターンの対策をしておけば、たいていどんな問題が出ても対応できると考えられるからだ。2009年の問題で大きな変化が見られたとはいっても、2の文法・語彙問題は4Aや5の対策及び基礎固めの際に学習しているはずだし、3の大問1つ分のディクテーション問題も結局は例年数問でるディクテーションの対策をしっかり行っておけば充分対応できるはずなのだ。結局は従来の出題パターンに沿った対策をしておくことが必要不可欠となる。

医者と看護師

Courses

お問い合わせ&各コース

TEL: 050-5835-2227(午前9時から午後5時)
TEL: 027-288-0025(午後5時から午後9時)
メールでお問い合わせ
できる限りメールでのご連絡をお願いいたします。

志望大学に応じて、コースを選択してください

東大・旧帝・医学部特進コース

週2〜3回レッスン

医学部・早稲田・慶應対策コース

週2回レッスン

早稲田・慶應・マーチ・その他

週1回レッスン

前橋本校: 前橋市下小出町2-41-5 TEL: 027-288-0025
カウンセリング・体験レッスンは前橋本校で行います。

新前橋教室: 新前橋ターミナルホテル 1F 会議室/レッスン時間:午後6-10時
前橋駅前教室: 前橋市民文化会館 会議室/レッスン時間: 午後6時-9時
大胡教室: 音羽倶楽部 2F 会議室/レッスン時間:午後1:15-5:45

完全予約制・全科目対応・個別指導


医者と患者

Group company

講師陣
 
高校受験対策
ヒロ先生著書
 
通信教育付き教材
ペット
 
ネコが飼えるアパート
ヒロ先生著書
 
通信教育付き教材
卒業式
 
無料自習室